全ての方々に無駄とはならない葬儀関連基礎知識

家族の誰かが危篤状態となれば、残された家族は最期の別れを覚悟せざるを得ず、それと同時にお葬式の準備という、現実的に対応すべき儀式の準備を、速やかに整えねばなりません。ですがこうした状況下では、誰もが精神的に動転してしまって当然です。日常から一連の流れを予備知識として踏まえておくことで、家族間でフォローし合い、葬儀業者の担当者のサポートを仰ぎながら、必要な対応を確実にクリアしてゆける体制を整えておきましょう。どのような事態となった際に何を為すべきなのかをご紹介します。

まずは危篤状態となった時点で、連絡先となる業者が決まっていない場合には、早急に探しましょう。病院側から逝去から数時間内に、遺体を搬出から別の場所での安置を指示されるケースが一般的です。逝去時に速やかに連絡可能な業者を、少しでも早い時点で押さえておく準備が不可欠です。

次に医師から死亡診断書を受け取り、業者と連絡相談の上、遺体の安置場所の確保と搬送、葬儀に関する打ち合わせから、必要となる詳細内容の相互確認を行います。続いて参列を希望する相手先に、日時や場所など必要な情報を連絡します。ここまでがお葬式の準備段階に該当します。

続いて納棺からお通夜、葬儀、告別式、火葬から骨上げの流れとなりますが、この間に要する日数や時間などは一概に同じではありません。宗教葬の場合、宗教によって、また地域によっても異なり、また友引を避けるなどの対応でも日数が変わります。また自宅での逝去、事故死の場合など、遺体の搬送に要する時間や流れが異なります。担当者に十分確認の上、通夜と葬儀などの日時の決定に際し、誤りや間違いが生じぬよう、十分な注意が求められます。

これだけ細かい部分に関する専門知識と、迅速な対応を委ねる相手先が葬儀業者です。それだけに業者選択に際しては、自分達が希望するお葬式にマッチした対応が確実に期待できる相手先の選択が重要です。単なる優劣や損得感だけではなく、担当者との相性など、チェックすべき点は少なくありません。